冷え性に効く食べ物

冷え性に効く食べ物


冷え性に効く食べ物

冷え性に効く食べ物

冷え性に効果のある食べ物。それを「陽性」の食べ物と呼びます。この陽性の食べ物は身体を暖める効果があり、習慣的に取る事で冷え性を改善する事ができます。身体を暖める食べ物「陽性」の食物は、寒い地方で採れる物。冬に採れる食べ物が多いのが特徴です。ここでは、冷え性に効果のある「陽性」の食べ物をご紹介します。

■野菜・・・ニンジン、ゴボウ、ネギ、レンコン、ニラ、かぼちゃ、ゆず、しそ、芋類(山芋など)
■果物・・・桃、サクランボ、あんず
■調味料・・・チーズ、味噌、黒砂糖
■香辛料・・・しょうが、とうがらし、にんにく、山椒、胡椒、みそ、しょうゆ
■果実、木の実・・・梅、栗、くるみ

ページのトップへ ▲

冷え性になりやすい食べ物

冷え性の方は、なるべく避けた方がいい食物、それを「陰性」の食べ物と呼びます。 陰性の食べ物は、取る事により身体を冷やす効果があります。陰性の食べ物を摂取し続けるという事は、冷え性を悪化させるという事になります。

身体を暖める食べ物「陰性」の食物は、暖かい地方で採れるものや、夏に採れる野菜などです。ここでは、冷え性の方は避けた方がよい「陰性」の食べ物をご紹介します。

■野菜・・・トマト、きゅうり、セロリ、アロエ、とうがん、ナス、白菜、もやし、レタス
■果物・・・メロン、スイカ、ナシ、柿、桃、みかん、バナナ、ビワ、ゆず
■調味料・・・白砂糖、食塩
■魚介類・・・カニ、あさり、しじみ
■加工品・・・食品添加物、ラード
■その他・・・ご飯、うどん、たばこ、チョコレート、ビール、冷たいジュース

ページのトップへ ▲

血行をよくする栄養素

冷え性を改善する栄養素

ビタミンEなどは血行を良くする働きがあり、冷え性に効く栄養素です。血行がよくなると部分的な冷え性が改善されます。ほかにもタンパク質などは、エネルギーとなる栄養素ですので、体を温める効果があります。鉄分は不足すると、貧血になったり酸素不足で抵抗力がなくなったり、体温のコントロールができなくなったりします。

ビタミンE 「イワシ・ごま・くるみ・納豆・かぼちゃ・うなぎ」

ビタミンEには血流を良くする働きがあり、特にイワシなどの青魚には血流を改善させる「EPA」が多く含まれています。

ビタミンB 「卵・ごま・納豆」

代謝を良くする働きがあります。

タンパク質 「魚・肉・卵・もやし」

タンパク質は、エネルギーとなる栄養素ですので、体を温める効果があります。

鉄分 「ほうれん草・レバー・あさり・大豆・切り干し大根・豆腐・海藻類(ひじき)」

鉄分を摂取することで、血流低下タイプの貧血の人に多い「鉄欠乏症貧血」を防いでくれます。海藻の中でも「ひじき」に多くのミネラル成分が含まれているのでおすすめです。

ページのトップへ ▲

漢方薬

その他、口にするもので、冷え性を改善する方法は、漢方薬などがあります。漢方薬は、この食材「陽性」の食べ物と「陰性」の食べ物を利用して調合された薬です。漢方薬は、手軽に飲む事ができる為、食生活を変えづらい方にはおすすめです。

漢方薬

しかし、効果は人それぞれになりますし、何より飲み続けなければいけません。
漢方薬、「薬」と書いてありますが、実際は病気を治す薬ではないからです。基本的な考え方は、飲み続ける事によって体質を改善するといった考え方の方がいいかもしれません。急激に治る!といった効果は期待できないと思います。
食生活を改善するか?それとも漢方薬を飲み続けるか?それは、皆さんが決めて下さいね。

ページのトップへ ▲

甘い食べ物は大敵?

アイスクリームやケーキ、ジュースなど、甘くて冷たいデザート系は、冷え症の大敵。糖分をとりすぎると、血液中に血糖や中性脂肪が増えて、血行が悪くなり冷えを招くのです。絶対食べてはいけないと思うと辛いですけど、冷え症が気になる時は、ちょっと甘いものを控える、ということを心がけましょう。ダイエットしたい人には、カロリーも減って痩せられるので一石二鳥ですね。健康で幸せに暮らすためですから…。